@With



 
グレーゾンが撤廃されると

以前はグレーゾーン金利のおかげで潤っていた業者もあったでしょうが
撤廃された事で何か影響があるのでしょうか?

まずは、金利の上限が決められたことで分かりやすくなった事。
金利が安くなった事。
金融業者の業績は落ちてしまうので、
確実に回収できる人にしか貸さなくなります。
つまり審査が厳しくなりました。
多重債務者が借金を一本化するための審査や
新たに借りる時に、以前より審査が通りにくいという事です。

さらに改正貸金業法では、
借入可能総額が年収の3分の1までと規定されました。
これは一つの店舗での上限額ではなく
その人の総貸付額の上限になります。
つまり、年収300万円の人は
100万円までしか借りる事が出来なくなります。
これは無理な金額の借金をしないようにする目的で定められたものですが
葬儀や病気、ケガなどの事情で急に必要になっても
上限を超えてしまっている人は消費者金融で借りる事は出来ません。
(住宅ローンや自動車ローンは)

このことにより、消費者金融で借りる事が出来なくなった人が
ヤミ金などの悪徳業者に手を出してしまうと言う問題も出てきています。

借入可能総額以外にも改正貸金業法で変わった事は
・50万円を超える借入れ、 または複数の業者から
100万円を超える借入れの場合年収を証明する事が必要
・主婦(主夫)の借り入れには配偶者の同意が必要
・個人の信用情報を登録する事が必要
(ブラックリストに登録する訳ではありません)
・新規借り入れの場合金利の上限は20%以下。