@With



 
借金の時効

ある事実状態が一定の期間持続したことを理由として
一定補法的効果を認める事を時効と言います。

過払い請求にも有効期限がありように、 借金にも有効期限は存在します。
法律で定められた一定期間返済を行わなければ
借主の返済義務は無くなります。

金融機関などの業者から借金の時効は5年となっていますが
ただ時期を待つだけでは時効を成立しません。
やってはいけない事とやっておかなければならない事があります。
さらに金融業者も時効にさせないための行動や裁判を起こすでしょう
借金の時効を成立させるには 「完全失踪」の覚悟で行動する必要があり
逃げ回った生活を送るなど人生がくるってしまう危険があります。

時効の期日
→返済期日を定めない契約で一度も返済しなかった場合は
契約日の翌日から数えて5年。

→返済期日を定めない契約で一回以上返済した場合は
最後の返済日の翌日から数えて5年。

→返済期日を定めた契約で一度も返済しなかった場合は
最初の返済予定日の翌日から数えて5年。

→返済期日を定めた契約で一回以上返済した場合は
最後に返済した次の返済予定日の翌日から5年。


時効の援用
時効の時間経過中に、たとえ少額であっても支払った場合
支払った翌日から数えて5年たたなければ時効になりません。
例え支払わなかったとしても、
期間中に返済する意思表示や債務の存在を認知した場合、
債権者がそれを証明すればその行為から5年間、
または返済の約束をした翌日から5年間
時効が停止するか中断します。

要するに、借金の返済額を減らす書類を出されサインをする。
たとえ1円でも払えば返済とみなされる。
債権者に返済すると答える。など
借金を認めたり返済すれば時効までの期間は中断や停止します。


内容証明郵便(配達証明付)
時効を成立させるには内容証明郵便で
債権者に「時効が成立し、支払い義務は消えた」
といった内容の援用通知書を送る必要があります。



債権者から内容証明郵便で請求された場合
請求を受けてから半年以内に裁判上の請求をされると時効は中断します。