@With



 
民事再生

民事再生は、借金の支払いが今後支払われなくならないうちに
支払いを安くしてもらい、借金の圧縮化をはかるものです。
住宅ローンが残っていて、住宅を手放したくない場合に意味があり、
民事再生法の住宅ローン特則を適用するものです。

民事再生には小規模個人再生と給与所得者再生があります。
小規模個人再生は一般的に個人再生と呼ばれ
個人事業主や自営業者などが利用し、
給与所得者等再生は会社員や公務員などが利用する手続きになります。



民事再生では、金額によって謝金の返済額を圧縮する事が出来ます。
(返済額が減るので将来払うべき利息もカット出来ます。)
持家のローンが民事再生の対象外となりますが
自己破産と違って持家を手放す事無く借金の返済を行えます。
3~5年で返済する計画案を立てるため、
経済的に無理の無い生活を送る事が出来ます。

小規模個人再生を受けるために必要な条件は
・借金総額(住宅ローンは除く)が5000万円以下。
・将来にわたって持続する収入が見込まれる事。

給与所得者等再生を受ける為に必要な条件は
・借金総額(住宅ローンは除く)が5000万円以下。
・給与など安定した収入の見込みがあり、その変動幅が少ない事。

しかし、自己破産と同じように
債権者の請求が連帯保証人に向けられる事
信用情報に登録されるなどのデメリットがあります。


民事再生で最低限返済しなければいけない額は
民事再生前の借金総額が100万円未満の場合→全額返済。
借金総額が100万円~500万円未満→100万円返済。
借金総額が500万円~1500万円未満→謝金総額の1/5返済。
借金総額が1500万円~3000万円未満→100万円返済。
借金総額が3000万円~5000万円未満→謝金総額の1/10返済。

小規模個人再生の場合は所有している財産総額と
最低返済額と比べ、高い方の額を返済します。

給与所得者等個人再生は
財産総額、最低返済額、手取りから生活費を引いた額の2年分
この3つの内で一番高い額を返済します。