@With



 
グレーゾーン金利って何?

金融業者などでお金を借りると利息が付きます。
利息とは借りている金額(元金)を借りる為の手数料になります。
この利息の金額を計算するための数字として
金利が必要になります。
(借入額)×(金利)×(借入期間)=利息

金利は定められた範囲内で金融業者が設定しています。
利息の条件を踏まえた上で金融業者と契約を交わし
お金を借りる事になるのですが
『定められた範囲内』を決める法律が2つ存在します。
サラ金などの高利貸し付けに
一定の歯止めをかける目的で作られた法律が出資法と、
高すぎる金利から経済的を守る為の利息制限法があり
それぞれの上限の間にある
白でも黒でもないあやふやな部分が
グレーゾーン金利と呼ばれるものです。

ヤミ金融対策として作られた出資法には、
違法行為を行った場合 重い刑事罰の対象になりますが、
高利貸し付け業者の異常で過酷な取り立てが 社会問題になり、
何度も 上限を引き下げる法改正が行われてきました。
この法改正によりグレーゾン金利が違法とされ
本来の金利より払い過ぎた金額を取り返す事を
「過払い請求」と言います。

過払い請求が殺到し、過払い金返済によって
貸金業者が倒産した例もあります。
倒産すると、返って来るはずだったお金が戻ってこないと
「一刻も早く過払い請求を」と言うフレーズを
良く耳にする機会が増えました。